暮らしの節約術

想像以上に積める!ヤマトの単身パック「わたしの引越」は超おすすめ

ヤマトの単身パック「わたしの引越」

一人暮らしで引っ越しをする際に、ヤマト単身引越サービス「わたしの引越」を利用しました。

金額、サービスともに大満足の結果でした。無理だと思ってた量が積めてしまいました。

今回は体験談を語ります。

※マットレスだけは別口で送りました。
マットレスを送るならヤマトのらくらく家財便が良かった

ヤマトの「わたしの引越」について

ヤマトの「わたしの引越」は単身者用の引越サービスです。荷台1台分に載る分だけ積み放題。

出典:ヤマト

同じような単身パック型のは各社出していますが、比較検討したところ、ヤマトが一番安くて条件が良かったので、ヤマトに決めました。

一人暮らしの引越サービスは選択肢が多い

そもそも、これに決める前には他の手段も検討しました。

普通の引越サービスなら、まず検討したいのが赤帽です。赤帽は小規模な何でも屋さんみたいなもので、小さめのトラック1台と運転手兼運び手さんが貸し切れるような格安サービスです。

今回は大阪→東京ということで結構距離もありました。見積もったところ、赤帽でも14万といわれてしまい断念。

というわけで、単身引越に狙いを定めたわけです。もし同じ県内や、隣県の場合は赤帽はかなり安くなる可能性があるため、見積すべきです。

荷物はできるだけ処分しよう

当然ですが、荷物はなるべく厳選した方がよいです。

大型家具家電は捨てる時に粗大ごみ処理料金がかかるので、メルカリやジモティーで売れるなら売りたいところ。

ジモティーというのは地域掲示板のようなもので、私は今回結構活用しました。

ジモティーの利用方法と家具家電を高く売るコツ


ヤマト「わたしの引越」はこんな感じでした

さて当日。
来る時間帯の少し前に電話連絡がありました。

一応、依頼した荷台は1台分です。足りなければその場で追加もできるとのことでした。

やってきたのは3名のスタッフ

背の高めな男性2名と、やや年配の女性1名がやってきました。

男性2名が運び、女性は部屋で梱包係という分担のようです。

※荷物の梱包はすでに済ませてあるのですが、大型の家電や鏡などにプチプチシートを巻くなどしていました。これらは個人ではやりづらいところ。

運び出し作業開始

荷物量や契約内容等を確認し、作業スタート。

女性スタッフが梱包し、男性2名がダンボール等をどんどん部屋から運び出します。大型家電も含め、テンポよくどんどん荷物が運ばれて行きました。

積めた荷物量

一人暮らしの私の荷物量はこんな感じ。

ヤマトの単身パック「わたしの引越」

この左半分が今回載せる荷物です。

  • ダンボール11個
  • 中型チェスト

さらに

ニトリベッドフレーム分解

ヤマトの単身パック「わたしの引越」

そして

も加わります。
(リンクはそれぞれのレビュー記事です)

これはさすがに無理だろうと思っていたのですが…

ヤマトの単身パック「わたしの引越」

なんと1台に積めてしまいました。
本当に驚きました。

荷台の大きさは公開されてます。
前日までに自分でシミュレーションしてて厳しかったのに。

やはりプロの引越屋さんって凄いなと思いました。

荷物を積んだ後は現金で支払い終了。作業時間は全体で40分程度でした。


後日、お届け日のこと

新居へのお届け日。
時間帯はフリーでしたが、2時間前ほどに電話連絡があり、14時ごろにトラックが到着。

ヤマトの単身パック「わたしの引越」

この日は男性スタッフ2名。
やはりテキパキと運んでくれ、40分ほどで作業は終了。傷もなく、スムーズなお届けでした。


ヤマトの引越にかかった金額

「わたしの引越」の料金は
大阪→東京で30800円 (税込)でした。

利用した感想としては安すぎる。
人工が累計5名きて1.5時間くらい働いて、東京大阪間を輸送して3万円って儲けあるのか不安になるレベルです。

良いサービスを安く提供してくれて本当に感謝感謝。

ヤマトの単身パックは超おすすめ

  • サービス
  • 接客応対
  • 金額

すべてに満足しました。

普通の引越プランを使うと10万はかかってしまうところを、単身パック1台分に収めたことで大幅にコストを抑えることができました。

一人暮らしで荷物がそこそこあるという方も、とりあえず単身パックを検討してみるのがおすすめです。1台に収まらなくても2台借りればいけることは多いはず。



-暮らしの節約術
-

おすすめ記事はこちら