30代社会人のボクシング初心者体験記

30代社会人がボクシングに憧れて、ジムに体験入会の申し込みをした話

2018/04/03

30代からの初心者ボクシング

ずっと憧れていた格闘技。その中でも、拳を使って闘うボクシング。

30代での実家独立&引越しを機に、ついにボクシングの門をたたいてきました。

どこまで続くかはわかりませんが、ボクシングをやる上で私が感じたことなどを記録していこうと思います。

  • ボクシングに憧れを持っているけど、勇気がでない
  • ボクシングとか格闘技の世界ってちょっと興味がある
  • なにか新しいことを始めたい、男を磨いてみたい

といった方はぜひご参考にどうぞ。

私がボクシングを始める理由

一言でいうと、「なんとなく憧れがあった」……以上です。

特別なこだわりや縁があるわけではなく、男がなんとなく「強いやつってかっけぇなぁ…」と思う程度の、誰もが一度は抱いたことのあるようなささいな憧れです。

日常生きていると、テレビなどでも格闘技が放送されますよね。私はというと全く見ていなかったのですが、学生時代は大きな試合のあった翌日などはクラスの一部がその話で持ち切りだったのを覚えています。

K1とかプライドとか、興味がなくても日頃からその名を聞いたり、格闘技に触れる機会というのは意外に多いものです。

漫画なんかでも殴り合いのバトルは少年漫画の花形です。私も漫画が好きだったので、漫画内で繰り広げられる男同士の熱い戦いは好きでした。テロリストに包囲された学校を取り戻す妄想は何度したかわかりません。

男って何歳になっても強さに憧れますよね。ボクシングも「ちょっと強くなりたいな」程度の興味でした。


近くにボクシングジム発見!さっそく体験入部に申し込んでみた

というわけで、いつかやろうやろうと思っていたものの、なかなか実行に移さなかった私です。

今回、実家独立&一人暮らし開始という人生の大きな転機を迎え、ようやくやりたかったことの一つに着手することにしました。

まずは検索して、近くにボクシングジムがあるかどうか調べました。

すると…あった!

あるじゃないか!ボクシングジム!

運のいいことに自転車でそう遠くない程度のところにジムがあったのです。

即入会?いや待て、体験してからでも遅くはない

公式サイトもありました。読んでみると、体験もできますとのこと。

物事は、外から見たものと、実際やってみてみるとでは大きなギャップがあるものです。

昔なら若さにまかせて即入会していたかもしれませんが、多少は歳をとり慎重になってきた私。

まずはボクシングがどんなものか、継続してやるに値するものか確かめるため、「体験入会」をすることにしました。

さっそくジムに電話して予約を取りつけました。

電話をする際はちょっとドキドキしましたね。ボクシングジムとか格闘技系ってやっぱりちょっと怖いイメージあります。

ボクシングジムの体験入会に必要なもの

ジムの方から、体験当日は必要な持ち物があるといわれました。

必要といわれたのは以下の通りです。

  • 動きやすい服
  • 室内履きの靴
  • 軍手

動きやすい服は、ユニクロの速乾性のTシャツと運動用ハーフパンツを購入しました。上下で3000円くらいで揃います。

これはランニングなどでも使っていましたが、本当に汗がすぐ乾くのでおすすめです。デザインも無地でシンプルでいいですね。普通の綿などのTシャツは汗でベトつくのでおすすめしません。

室内履きの靴は、普通のランニングシューズでOKです。ただしスパイクのようなものが付いているのは避けてくださいとのことでした。ジムの床が傷つく恐れがあるためです。

軍手はグローブをはめる時に付けます。理由は拳の保護と、汗の臭い対策です。これは人によってはバンテージだったり、軍手だったりするみたいですね。軍手はコンビニで100円くらいで売ってます。

必要な物はこれくらいです。あとは、汗をかいた際に拭くタオルや飲み物も持って行けばよいかと思います。

ボクシングジムに通う際に揃えたもの

というわけで揃えました。

まだボクシングを始めてすらいませんが、初期投資として10000円くらいかかってます。スポーツって大体どんなものでもこれくらいかかるものですよね。

さて、次回はいよいよボクシングジム体験レッスン実践編です。



-30代社会人のボクシング初心者体験記

おすすめ記事はこちら