商品レビュー

松屋の冷凍牛めしの具:普通の牛めしとプロテイン牛めしの違いと感想

2020/06/27

松屋の冷凍牛めしの具にはまってます。

でも微妙に種類があって迷いますよね。

その中でも特に人気がある

  • 普通の牛めし(新牛めしの具)
  • プロテイン牛めしの具

を食べ比べてみました。

セール時はほとんど値段の変わらないこの2種類の違いはなんなのか?

どっちを買うべきか迷っている方は参考にしてみてください。

栄養素についての違いと比較。カロリーや糖質など

  プロテイン牛めし 普通の牛めしの具
内容量 138g 135g
カロリー 324kcal 230kcal
タンパク質 16.7g 11.3g
炭水化物 3.9g 9.5g
脂質 26.9g 15.7g
食塩相当量 1.8g 2.1g

数値はすべてパッケージ記載のもの。

ほぼ同じ内容量ですが微妙にカロリーが違います。

普通のほうはカロリーが低いかわりに炭水化物(糖質)がやや多め。

プロテインのほうがタンパク質は当然多いんですが、その差はたった5gです。

これ食べて筋肉もりもり!というような次元では全然ないですね。

「筋トレしてるからプロテイン牛めし食べよう」というほどのものでは全くないように思います。


食べ比べてみた。味の違いなど

左がプロテイン、右が普通牛めしです。

まずわかりやすいのは色が違う。

肉やたまねぎ、つゆの割合に違いはほとんどありませんでした。

では一つずつ見ていきましょう

プロテイン牛めしの味の特徴や、食べてみた感想

初めて買ったのがこちらのプロテイン牛めしの方です。

肉が見た目ぼそぼそしてます。でも賞味期限が迫っているセールで買ったやつなので、単純にその差かもしれない。

買った時点で期限切れまで2か月でしたからね。

味はというと、初見では甘いと感じました。ただ、普通に旨いと思える味です。

つゆにはプロテインが溶け込んでいるのか、ベースの醤油味がややマイルドになっている印象。

普通の牛めしの味の特徴や、食べてみた感想

プロテインにはまった後に買った普通の牛めしの具です。

食べ比べてみると、つゆに違いがありました。

こちらは醤油とみりんの味がプロテインの方よりも強くでています。

全体的にやはり甘めですが、松屋で売っているお店の味に近いです。ていうかほぼ同じなのかも。

こちらは買った時点で賞味期限が1年先と長く、肉もキレイですね。


どっちを買うべきか?

まず大前提として両方ともうまいです。

肉のうまみ、つゆのうまみ。

このページをここまで読んでいるような人ならどっちを買っても問題ないと思います。

個人的には…いや、やっぱり甲乙つけがたい。というか本当にどっちでもいい感じです。

セールで安かった方でいいんじゃないかと思います。

味にほぼ上下の差はないです。松屋のお店の味がとにかく好きなら普通の方で、筋トレしててちょっとでもタンパク質増やしたいならプロテインで。

まあ筋トレ後に摂取するようなレベルのは全然足りないんですけどもね。気持ち的に。

プロテイン牛めしはキャンペーン商品なのか、売ってないこともあるので注意です。


おすすめの食べ方

余談ですが、私はオートミールに牛丼の具かけて食べてます。

オートミールは

  • 腹持ちよし
  • 低GI食品
  • 低カロリー
  • 準備簡単最速

かなり楽で便利です。お湯掛けて数分放置するだけ。

その間にチンしておいた牛めしの具をかける。

お湯で味噌汁も作って、5分で牛丼定食完成です。



-商品レビュー

おすすめ記事はこちら