小物・アクセサリー

レビュー:ICON Slim Packを1年間使ってわかった良い所・悪い所

2018/11/09

Incaseの「ICON Slim Pack(アイコンスリムパック)」をプライベート用に購入し、1年間以上使ってきました。

「シンプルでスタイリッシュな見た目に一目惚れした」という方が多そうですが、使い心地はどうなのか?

この記事では、私が実際に1年間以上使ってみて気づいた、良かった点と悪かった点を紹介します。

ICON Slim Packを購入した理由

私がこのリュックを購入したのは、「タウンユースでPCが持ち運べるかっこいいリュック」を探していたからです。

街中で見つけ、調査してから購入しました。
結果的にいえば、これは大正解でした。

この1年間で、普段使いはもちろん、国内旅行にも使いました。

詳しくはこの記事で述べていきます。

見た目そっくりの別モデルがあるので注意!

ちなみに、このリュックは新旧でモデルが違います。
見た目は同じでも、ポケットなどレイアウトが全く違うため、ほとんど別物です。

私は偶然にもこの両方を手に入れる機会があり、いろいろと比較レビューしたので、購入前にはぜひご参考に。

購入レビュー:ICON Slim Packは新旧モデルでほぼ別物なので注意

本記事でレビューするのは、旧モデル(CL55535)です。

ICON Slim Packのスペック

サイズ(幅x高さx奥行) 約 48.3 x 30.5 x 20.3 cm
容量 14.5 L
重量 850 g

LCCの機内持ち込み余裕でした。


ICON Slim Packの良いところ

デザインがいい

まずこれ。
多くの方がICON Slim Packに一目惚れした理由だと思います。

私ももちろんそのクチなんですが、1年使っても全然飽きません。

シンプルなので、ヘビーユースしても、時間がたっても色あせない。
ユニなデザインで男女共用できるのも嬉しいところだと思います(ちなみに私は男性です)。

どんなファッション・スタイルにも合う

上の「デザインがいい」とかぶるかもですが、どんな服装にもすごく合います。

私はアメカジだったり、キレイめな服を着たりするんですが、どのスタイルにもICON Slim Packは違和感なくフィットしました。

スーツ姿の方が背負っているのを見たことがありますが、ばっちり決まってました。

背負った時の横から見たシルエット、前から見たシルエット、後ろから見たシルエット、どれもスマートなんですよ。

どんなスタイルにも合わせやすいのは、デザインが優れているからこそだと思います。

背負い心地は良好

背中に当たる部分、腰に当たる部分、肩ひもの裏側がメッシュとなっており、背負い心地が良いです。

形が崩れない

見た通りICON Slim Packは中に型紙?が入っているのか、そのまま立てて置いてもクニャっと型崩れすることがありません。

1年以上使ってもそのままです。
型崩れしません。

収納面が使いやすい

各部へのアクセスが良いです。

incase ICON Slim Pack(CL55535)

PCポケットはちゃんとノートPCを衝撃から守ってくれました。

 

incase ICON Slim Pack(CL55535)

ペン類も取り出しやすかったです。
この辺には大小のポケットがたくさんあり、フェイスシートやリップクリームなどを常備しています。

 

収納面で最も便利だったのは、サイドにあるポケットです。

私は主に財布を入れたりしました。
5インチのスマホはもちろん、厚めの中折れ財布もギリギリ入ります。

背負ったままでもアクセスできるので、めちゃくちゃ便利でした。

チャックは体に近い位置についているので、防犯面でも問題ないと思います。
もし誰かに開けられればすぐに気づきます。

このサイドポケットのおかげで、ズボンのポケットに物を入れなくて済みます。

意外に物が入る

容量は公式で15L程度となっています。

私自身、このバッグに容量はさほど期待しておらず、あくまでもタウンユースでPCとかちょっとしたものが収まればいいなくらいに考えていました。

でも意外にこのリュック、物が入るんですよね。

冒頭にも書いた通り、このリュックで4泊くらいの国内旅行に行きました。
もともと荷物は少ない方でしたが、ちゃんと4日間の持ち物をおさめてくれました。

荷物は、インナー類上下、靴下を各3日分ずつとPC類などでした。

さすがに荷物多めな方は難易度高そうですが、そうでもない方はこのリュックでも簡易な旅行に行けます。

この動画、テンポが良くてつい何回も見てしまいます。
黒いレザーのファイルみたいな謎のやつはなんなの。


ICON Slim Packの悪いところ

ペットボトル用のポケットがない

まあ見た目通り、ペットボトルを入れるメッシュポケット的なのがありません。

ないならないでいいんですが、あるとなお良かったかなと思います。

まあデザイン的な兼ね合いなんでしょうかね。
今のデザインで完成されてるとも言えます。

私の場合、カラビナを買ってつけてるんですが、あまり使っていないという。

前面のポケットの使い勝手が悪い

前面のポケット、これ使い勝手悪いです。

入口がね、あまり大きく開きません。
なので奥になにがあるかも見えにくいし、手も入れづらい。

使い勝手がいいとはとても言えないかな。
私はここにはほぼ何も入れてません。

旅行時にどんどん増えるパンフレットを、入口開けっ放しで差し込んだりはしてました。
パンフ差しとしてはまあまあ便利でした。wwww

上にあった動画みたいに、手帳を入れるのはいいかもしれません。
奥行の深さがあるので、背が高くて薄い冊子を入れるのには適していると思います。

底が見づらい

リュックの底にあたる部分が見づらいです。

真ん中の収納部屋は、入口に近い方は細かいポケットがついていて便利なんですが、奥の方は、入口が広く開かないため見づらいです。

買う前は奥のポケット群は良さそうだなーと感じてましたが、実際使い始めると、全然見えないので手探りでゴソゴソすることになります。

もちろんグバァっと前面を折り曲げれば大きく開くこともできますが、変な折り目がついちゃいそうなので避けてます。

結果的に、奥はポケットに入れるというよりは、適当につっこむという使い方になりました。


おわりに

総合的にいえば、すごく気に入ってます。

悪いところの部分なんてほぼ無視できるレベルですからね。
完璧なものなんてこの世にありません。

ほんとデザインがいい。これに尽きる。

すごく気に入っていて、良さを伝えるべく本記事を書きました。
このリュック、おすすめです。

15000円と高いけど、その価値はあった…。

ICON Slim Packの購入方法

ICON Slim Packは今apple.com(アップルの公式)で買うと確実に新モデルがきます。

本記事でレビューした旧モデルが欲しい場合は、取り扱いのある通販で購入しましょう。
両方とも見た目が本当に似ているので、商品写真や型番などをチェックしてみてください。

新モデル(INBP100232)

旧モデル(CL55535)



-小物・アクセサリー

おすすめ記事はこちら