二郎系 東京のグルメ

二郎 三田本店で「ぶたラーメン」ヤサイマシニンニクマシマシの感想

2021/06/15

ラーメン二郎三田本店

「ラーメン二郎」三田本店に行ってきました!

今回はその画像つきのレビューとなります。

すべての二郎のオリジン

すべての二郎の起源となるのがこの本店です。メッカです。

ラーメン二郎三田本店

到着は平日14時ごろ。
並びは8人ほどでした。

ラーメン二郎三田本店

謎の公認ブリーフが売っています。
真のファンはこれを履いて並んでいるのかもしれませんね。


メニュー・価格

列の先頭5名くらいのうちに、券売機で食券を購入します。

ラーメン二郎三田本店

本店は価格が支店と比べても安いです。
ラーメンが600円スタートで、ぶたラーメンも700円。

以前は400円とか500円の時代もあったとか。学生に安く腹いっぱい食べてほしいという哲学を感じます。

店のすぐ近くには慶応大学のキャンパスがあり、店内にも写真や表彰状などが飾られています。

店内は全席カウンターで、仕切りなどは特になし。入口には消毒液が設置してありました。

厨房には総帥と息子さん、助手の3名体制です。全員マスクをしていましたが、鼻はでていました。最近、気温があがってきたので、厨房は暑そうです。

私の席には、前の客が残しただろうニンニクの粒が残っていました。厨房内を見ても、なかなかにワイルドな感じで潔癖症の人にはきついかもしれない。

私はというと、東南アジアを思い出し、謎のノスタルジアに一人包まれていました。はよコロナ収まって…。


ぶたラーメンの感想レビュー

ラーメン二郎三田本店

こぶたラーメン700円

ヤサイマシ、ニンニクマシマシ。

他の人のコールも見てましたが、ヤサイとマシの違いがあまりなさそう。

ラーメン二郎三田本店

丼が油でぬるっとしています。

店内はティッシュがないので、持ち込み推奨です。

ラーメン二郎三田本店

粒の細かいニンニクはスープに溶けやすくて良いです。

惜しむらくはレンゲがないこと。
スープを飲むには、ぬるぬるの丼を持つ豪快なマインドが必要。

歩く大胆不敵と言われる私です。
もちろん丼をぐわしとひっつかみ、喉の奥にスープを流し込みました。

うめへッ!!

カネシ醤油のやさしさと心強さが染みこんでくるようです。

三田のスープは、表面の油分がかなりすごいですね…。5㎜程度の油膜ができています。これは他店と比べてもだいぶ多い方では。

野菜はワイルドに盛られています。

豚の量はかなりあります。
4枚以上あったぜ。

身も柔らかく、味染みもある。
もちゅっとした脂身は、私のデブ中枢にクリティカルヒット。

これで700円とは良心的です。

ラーメン二郎三田本店

豚は常温なので、スープに沈めて温めておくとよい。

麺は量が結構多めです。
たぶん300gくらいある。同ロットのオーダーで少な目を注文していた人もわりといました。カタメとかにも対応しているようです。

ラーメン二郎三田本店

というわけで三田本店でした。
すべての二郎ラーメンのオリジンなので、それだけでも感動があるのですが、単体としてみても結構な満足度がありました。

ラーメン以外にも、接客が丁寧で良いのも好印象です。二郎系のお店って、謎にスリルマシマシのところとかたまにありますからね…。

清潔感は東南アジアを思い出させるものがあり、コロナ下におけるプチ旅行先としても最適です。


今まで行った二郎系のお店

二郎系は大好きでいろいろ行っています。こちらもどうぞ。

二郎系のラーメン記事一覧

店舗情報

店名 ラーメン二郎 三田本店
住所 東京都港区三田2-16-4
電話番号  
営業時間 8:30~15:00
17:00~20:00
(昼・夜共、材料が無くなり時、早仕舞い)
定休日 日、祝
最寄駅 三田

この地域周辺のおいしいお店について

この辺りにはおいしいお店が他にもたくさんあります。うまそうなメシ画像付きのレビュー記事を書いているので、よければお店選びのご参考にどうぞ。

東京のグルメ記事一覧



-二郎系, 東京のグルメ
-

おすすめ記事はこちら