難波のグルメ 二郎系

難波:大阪にきて二郎系が恋しくなった人はのスたOSAKAが本命だと思う

2018/03/19

のスたOSAKA 難波千日前店

大阪の難波にある「のスたOSAKA」難波千日前店に行ってきました!今回はそのレビューとなります。

なんばグランド花月のすぐ近くにある二郎系ラーメンのお店

有名な吉本の興行施設「なんばグランド花月」から歩いて3分くらいのところにあります。目の前にセブンイレブンがあるのでわかりやすいです。

のスたOSAKA 難波千日前店

店内は全席カウンター。入りやすくてカジュアルな雰囲気です。

大盛り系のお店なので、客は若い男性が多めですね。学生やカップルもいました。


賄い醤油ラーメンニンニクありの感想レビュー

入って左側にある券売機で食券を買います。

席につくと、おすすめの食べ方などが書いてありました。

のスたOSAKA 難波千日前店

食券を差し出す際に、ニンニクを入れるかどうか聞かれました。二郎の場合、ヤサイニンニクとかいうんですが、このお店の場合はあくまでもニンニクの有無のみを答えてほしいとのことでした。マシ等はできず、入れるか入れないかだけを答えます。「ありでお願いします」と答えました。

待つこと体感20分程度。壁紙に「当店は太麺なので結構お待たせします」みたいなことが書いてあったと思いますが、確かにオーダーから出てくるまで長かった印象。

さて、きました。

のスたOSAKA 難波千日前店

賄い醤油ラーメン750円

ヤサイマシなどは無料トッピングとしてできないため、本家と比べると大人しめのビジュアルです。

のスたOSAKA 難波千日前店

しかし、スープを飲んでみるとこりゃすごい!なんとド乳化の超濃厚タイプでした。

脂の強さが半端じゃない。旨い。でも調子にのって飲みまくると後半にやられるタイプのあれだ。

のスたOSAKA 難波千日前店

麺はもちろん太麺。

のスたOSAKA 難波千日前店

豚は大きめの物がゴロっと2,3個ほど。このデカさは亜流としてはかなり頑張っている方だと思いました。脂身のないホロっと崩れるタイプのチャーシューです。醤油ダレをよく吸っていて塩みのある味でした。

後半やや苦しさを出しつつ、完食。食べていて懐かしき二郎を思い出しました。この辺で二郎系のお店はまだ未訪の「ドカ盛りマッチョ」がありますが、次もこの「のスたOSAKA」でいいんじゃないかと思えるほどいい感じの亜流店だと思いました。

私と同じように、関東から大阪にきて二郎系が恋しいと思っている人におすすめのお店です。


追記:大盛り賄い醤油ラーメンも食べました

後日再訪。季節は冬ながら、外には8名程度の待ち客が。

今度は100円追加で大盛りを頼みました。

のスたOSAKA 難波千日前店

大盛りだと器もでかくなります。隣の並盛の客のと比べると、とても迫力があります。

のスたOSAKA 難波千日前店

これが食べたかったんだ。

のスたOSAKA 難波千日前店

ニンニクもちろんたっぷりだ!肉は二切れ入ってて、一つはトロトロの当たり。

のスたOSAKA 難波千日前店

推奨の食べ方にもあった「天地ガエシ」。掘り起こすと大量の麺。

これがまた旨いんですよね。

大満足でした。冬はラーメンがおいしい季節といいますが、ほんとそう。


追記2:大盛り豚増しで食べました

再訪。

賄い醤油大盛り豚マシ1090円

これがお店の最大量でしょう。大盛り複数追加できるかどうかはわかりません。価格は貫禄の1000円越えです。

豚マシはチャーシュー5枚とのこと。ゴロゴロしたでかい肉が入ってました。いいぞ!

食感は柔らかくて脂身もあります。味はあまりついてなかったかな。豚は食べ過ぎても気持ち悪くなってしまうので、コスパ的にも普通の量が一番かな。次からは大盛りのみでのみでいこう。

ニンニクを溶かしてスープをいただきました。ああ、至福です。

店舗情報

店名 のスたOSAKA 難波千日前店 (ノスタオオサカ)
住所 大阪府大阪市中央区難波千日前8-5
電話番号  
営業時間 11時〜15時 18時〜22時 売切れ次第終了

ランチ営業、日曜営業

定休日 火曜
最寄駅 難波駅

周辺のおいしいおすすめ店

難波にはおいしいお店が他にもたくさんあります。近辺のお店もレビューしてるので、よければお店選びのご参考にどうぞ。どれもうまそうなメシの写真付き。

難波周辺のグルメ記事一覧



-難波のグルメ, 二郎系
-

おすすめ記事はこちら