ブログ運営

お名前の契約ドメイン失効で起こること。引き留めメールの停止方法

2017/07/29

お名前ドットコム

私はいくつかのサイトを所持しています。いずれも独自ドメインで、お名前.comで契約したものです。

その中の一つが最近、1年の契約期間を経て失効しました。ドメイン失効は初めてだったので、あえて手動解除せず、期限切れするとどうなるのかとドキドキしながら見守っていました。

その経過を今回はざっくりまとめてみました。お名前でドメイン失効するとどうなるの?と気になっていた方などはご参考に。

ドメインの契約条件

まず最初に、そのドメインの契約状況を簡単に説明します。

そのドメインは普通の英語のみのaaa.comといった感じのもの。契約期間は最低の1年で、自動更新はなし。

ワードプレスは一応インストール&ネームサーバーも変更だけして放置してた感じです。なので、ドメインにアクセスすると、サイトは表示されます。中身はないですけど。

まあ前提はこんな感じです。


お名前のドメイン放置からの期限切れ失効で起こること

ここからは時系列順で。

期限切れ6か月前に通知メール

さかのぼると、失効の半年前に最初のお知らせメールがきました。

タイトルは以下のようになってます。aaa.comはドメインね。

[お名前.com]登録期限日まで残り6ヶ月となりました aaa.com

期限切れ3か月前に通知メール

次はその3か月後に再びお知らせ。

[お名前.com]【aaa.com】期限3ヶ月前 □ドメイン契約更新のご案内□

期限切れ2か月前に通知メール

上のメールから1カ月後に。

[お名前.com]【aaa.com】期限2ヶ月前 □ドメイン契約更新のご案内□

期限切れ7週間前に通知メール

つまり、上のメールから1週間後にきます。具体的な期限の日付がメールタイトルに入ってます。

20xx/xx/xx に 【aaa.com】は失効します。■お名前.com■

期限切れ1か月前に通知&Whois確認メール

前回から3週間後。ちょうど期限切れの1カ月前にあたります。

ちょっとドキドキしてきます。

[お名前.com]【aaa.com】期限1ヶ月前 □ドメイン契約更新のご案内□

さらに同日にWhoisの確認メールみたいなのもきます。「いきなりWhoisって、なんかあったの!?」とちょっとびびりました。

[お名前.com]Whois情報 正確性確認 aaa.com

結論からいうと特になにもありません。無反応な受信者の気を引くくらいの意味しかないんじゃないかと思います。

以降、残り1カ月は怒涛の通知メール祭り

期限切れ1カ月を切ると、それ以降は2日に1回のペースで「失効するけどどうする?」メールが送られてきます。

正直、うんざりするレベル。

お名前で契約してれば、ドメインの期限を更新し忘れるということはなさそうですね(白目)


そしてドメインの失効当日

まさかの当日限定割引が登場

しつこく「ねぇどうする?失効するけど更新する?更新する?(チラッチラッ)」と聞きまくってくるお名前.com。

いよいよ失効当日を迎えるとなんと驚愕のメールが。

本日23:59まで[aaa.com]更新割引のご案内

おまwwwwwwwどんだけ更新してほしいんだよwwww

これはさすがに笑いました。最後の最後にに当日限定の割引をぶちこんできます。今までその存在をまったくにおわさなかったくせに、最後に引き留め目的のセールを入れてくるとは商売上手です。ハハハ、こやつめ!

ちなみに割引内容は100円引きというもの。ドメイン更新をちょっとでも浮かせたいという人は失効までギリギリまってこの割引を適用するといいかもしれません。

まあ、見逃すリスクと背中合わせなので見合わない気がします。


お名前.comで取得したドメインの期限切れ失効後

ついに失効したドメイン。その後もメールはきます。

期限一日後に契約更新の案内メール

失効した次の日にこんなタイトルのメール。

[お名前.com]【aaa.com】期限1日後 □ドメイン契約更新のご案内□

え!?失効したのにまだ更新できるの!?

なんとできるみたいです。賞味期限切れの卵がまだ食べられるみたいなものでしょうか?ちょっと驚きました、¥。

ちなみに、ドメインのアドレスにアクセスしたところ、まだサイトは表示できていました。期限日ぴったりに非表示になるわけじゃないんですね…。初めて知りました。

ネームサーバー変更通知

上のと同日にこんなメールも。

[お名前.com]ドメイン登録期限経過に伴うネームサーバー変更通知 aaa.com

どうやらこの時点で表示されているサイトは、ネームサーバーがお名前の緊急用領地に格納されているものだったようです。

あ、そうですか…どうもどうも。格納してくれてありがとうございます。いや、そのドメインもういらないんですけどね…。

ドメイン"廃止"のお知らせ

ここにきて新しい単語が登場しました。「廃止」です。

重々しく、真の終わりを予感させるこの「廃止」こそが本当にドメインの終了なんでしょうね。

【aaa.com】は20xx/xx/xxに廃止されます。更新忘れの方はお急ぎください。

卵でいうと消費期限といった感じでしょうか。

廃止の期限も記載されており、これはドメイン契約期限切れの約40日後くらいでした。

はーん、これでついにアクセスもできなくなるわけですね?

お小遣い稼ぎしませんかメール

上のメールの次の日、こんなメールが。

[aaa.com]を使ってかんたんにお小遣いを稼ぐ方法のご紹介【お名前.com】

スパムかな?

違いました。お名前がなんとドメインを使って謎の小遣い稼ぎなることを薦めてきました。

その名も「ドメインパーキング」。要は、そのドメインを更新してくれたら、そこにコンテンツの代わりにお名前の用意した広告を表示して、クリックされたら報酬でるよ!というアドセンスのようなものみたいです。

いやいや…なんのコンテンツもないドメインに誰が来るんだよ…。要はやっぱりドメイン更新して欲しいだけじゃねーか!

手を変え品を変え、とにかくドメインの更新を促してくるお名前…。さすがです。

以降は毎日引き留めメール爆撃

それ以降、廃止予定日まで毎日のように「廃止されちゃいますよ!」「お小遣い稼ぎしない?」「更新割引もするからさ!」なメールがローテーションでき続けます。

いや、もう更新する気ないからはよ楽にしてやって…。

廃止メールの配信を止める方法

お名前に問い合わせたところ、期限切れ前の通知メールは止めることができないものの、期限切れ後の廃止についてのメールは配信を停止させることができるとのこと。

やり方は簡単で、廃止メール本文をまるごと引用して、メールタイトルもそのままにして、その前に「配信停止」をつけて返信すればOK。

つまりこういうことです。

配信停止【aaa.com】は 20xx/xx/xxに廃止されます。更新をお忘れの方はお急ぎください。

送り先はそのまま差出人のお名前.com(renewannounce@onamae.com)宛てにどうぞ。

複数のドメインで廃止メールがきている場合でも、メールアドレス単位で管理しているとのことなので、一通だけ送れば全部停止してくれるようです。

これで明日から廃止メールに悩まされずに済みますね…。

ドメインを期限切れ前に手動で廃止する方法

さて、廃止メールは止められるからいいとして、期限切れ前のメール通知は止められないとのこと。できれば自然死を見届けたかったんですが、さすがに鬱陶しくなってきたので、不要なドメインに自ら引導を渡す方法もご紹介します。

手続きはお名前のフォームページから行えます。

行えますというか、普通にフォームから「廃止します」という内容を送信すると、廃止申込書がメール添付でくるので、それに入力して提出という感じですね

いろいろ入力項目があってこれまた面倒です。しかも身分証明書も添付する必要があります。まあ、これないと第三者が自分装ってドメイン廃止とかできちゃいますもんね。



-ブログ運営

おすすめ記事はこちら