スマホ

スマホで自炊の活字本読むなら書き込み機能が豊富なsidebooks一択

サイドブックス

Androidスマホ用の無料自炊ビューアいろいろ探してたんですが、sidebooksというのがとても良かったので紹介します。

漫画も読めるし、特にビジネス本とかの活字読書におすすめです。

※iPhoneやiPadでも同じアプリ出てます。

sidebooksがおすすめな理由

豊富な書き込み機能がある

このアプリは、ページ上に線を引いたり、文字を打つことができます。

以上、超シンプルな理由です。

他のビューアもいろいろ探したんですが、この機能がないアプリの多いこと多いこと!

私の場合、普段の読書スタイルとして、紙の本を読むときは付箋をベタベタ貼り、必要なら自分で注釈を入れたりもします。

こうすることで読み返す際にスピードが段違いになるためです。

なのでアプリで読書をする場合も、このように付箋を貼ったりできないと話になりません。

有名な自炊ビューア「Perfect Viewer」にはこの機能はありませんでした。
(しかもあれは多機能すぎて設定で混乱します…)

で、無料自炊ビューアとして行きついたのがSidebooksだったわけです。

sidebooksの書き込み機能紹介

さて、sidebooksの書き込み機能では、指でマーカーを引くことができます。

サイドブックス

線は太さ、透過、色などを選ぶことができます。

そしてキーボードで任意の場所に文字を打つことも可能。

サイドブックス

これも色や大きさ、透過を選べます。

(ただこちらは縦書きが選べなかったり使い勝手が悪く、まだ改善の余地はありそう。
(上の画像では、横幅を狭く調整することで疑似的に縦書きに)

という感じで、豊富な書き込み機能がある数少ない自炊ビューアなのです。

はい。
言いたかったことの8割は言い終わりました。


sidebooksのその他のいいところ

sidebooksは他にもいいところがたくさんあります。

  • 無料(広告もなし!)
  • 軽い
  • いろんなファイル形式に対応(PDF、JPG、PNGなど)
  • クラウド本棚あり
  • 設定が簡単
  • 運営姿勢に好感がもてる

こんな感じで、自炊ビューアとして基本的なことはすべて満たしています。

サイドブックス

閲覧ページは見易くシンプル。
(欲をいえば、使用頻度の高いしおり他メニューは画面下部に配置してほしい)

サイドブックス

本棚もフォルダ単位で分けられ、UIもとても綺麗にまとまっています。

PDF以外の画像ファイルがZIPの状態で放り込んでも読み込んでくれるのもいいですね。

あとは全国の地域紙も無料配信していたりして、ローカルに貢献する姿勢に好感がもてました。

公式サイトを見ると今後もアップデートでどんどん機能を追加していくようです。

中でも

  • 書き込みした箇所を一覧表示する機能
  • 色ごとにまとめる機能

は期待がもてます。

その辺も含めてかなり気に入ったので、当分はこのビューアを使い込んでみようと思います。

漫画じゃなく活字本をよく読む&書き込みしたいという方におすすめです。

sidebooks

sidebooks
開発元:Tatsumi-system Co., Ltd.
無料
posted withアプリーチ


-スマホ

おすすめ記事はこちら